ウイルス研究科のページ

業務内容

 ウイルス研究科では感染症の原因ウイルス(麻しん・風しん、デング、ジカ、HIV、インフルエンザ、肝炎ウイルスなど約20種類以上)ノロウイルス等の食中毒・胃腸炎起因ウイルス、つつが虫病や日本紅斑熱の原因となるリケッチアについて試験検査・調査研究等を行っています。また、感染症による健康危機への対応として新型コロナウイルス、鳥インフルエンザやMARS等を対象にした「東京感染症アラート」に基づく緊急検査対応を行っています。

研究室の構成

 感染症法に基づく都内病原体定点医療機関(基幹定点、小児科定点、眼科定点)から搬入される患者検体の検査、都内で採取された蚊のウイルス保有状況検査等を行い、対象疾病についての調査研究を行っています。また、流行予測調査として都民の抗体調査(ポリオ、日本脳炎、麻しん、風しん)を行っています。その他に都内で感染症の集団事例が発生した場合には原因究明の一環としてのウイルス検査を行っています。

 東京感染症アラートに基づく鳥インフルエンザ、MERS 等の試験検査。感染症発生動向調査におけるインフルエンザを対象とした試験検査および調査研究、都のHIV対策に基づく試験検査及び調査研究を行っています。また、食品衛生法に基づく食中毒調査および感染性胃腸炎集団事例の原因究明のためにウイルス検索を実施しています。流行予測調査事業として、都民のインフルエンザ、パピローマ、水痘、B型肝炎に対する抗体調査を行っています。

新型コロナウイルス関連情報

当センターにおける新型コロナウイルス検査体制について

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(オミクロン株の写真を追加)

VeroE6/TMPRSS2細胞を使用したデルタ株の分離培養について

新型コロナウイルスを理解するのに役に立つ文献集

新型コロナウイルス関連リンク集

新型コロナウイルス変異株情

世界の新型コロナウイルス変異株の発生状況(2022年9月12日更新)随時更新

東京都で検出された新型コロナウイルスの 全ゲノム解析結果(BA.2系統追加)

当所における新型コロナウイルス変異株の検査体制について (監視下のオミクロン亜系統への対応)

VeroE6/TMPRSS2細胞を使用したデルタ株の分離培養について

変異株を追え!~新たな迅速判定法の開発 iCDC(東京感染症対策センター)|note

新型コロナウイルス論文公開  (研究年報 第72号掲分)

 ・<原著>リアルタイムPCR法を用いたSARS-CoV-2変異検出法の検討
 ・<原著>都内の新型コロナウイルス施設内感染事例における次世代シーケンサーを
      用いた遺伝子解析
 ・<資料>都内下水中の新型コロナウイルス検出状況(2020年度)
 ・<資料>東京都で検出された新型コロナウイルス変異株の分子系統樹解析
 ・<資料>東京都内で分離された新型コロナウイルスの次世代シーケンサーを用いた
      遺伝子解析(2020年6月~2021年5月)
 ・<資料>新型コロナウイルス簡易抗原検査試薬のウイルス分離株を用いた検討
 ・<資料>東京都衛生検査所精度管理調査における新型コロナウイルス核酸検査の調査
      (2020年度

資料

東京都内のRSウイルスの検出状況(2022)NEW

東京都内の手足口病におけるウイルス検出状況(2022年)NEW

サル痘の世界的流行について

ウイルス画像集 (新型コロナウイルスオミクロン株電顕写真)

世界のインフルエンザの発生状況

新型コロナ感染予防啓発資料

模擬吐物拡散実験動画(ノロウイルス対策)

 

東京都環境放射線測定サイト東京都感染症情報センター東京都健康安全研究センターサイト
〒169-0073
東京都新宿区百人町3丁目24番1号
tel. 03-3363-3231
e-mail. tmiph<at>section.metro.tokyo.jp
※<at>を@に置き換えてメールをお送りください。問い合わせ先の詳細については、こちらをご覧ください。
本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2022 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.