世界でのインフルエンザの発生状況

 インフルエンザは毎年冬季に流行する呼吸器感染症です。

 これから北半球(日本を含む)は夏になりますが、南半球では冬となり、例年インフルエンザが流行します。南半球で流行したインフルエンザウイルスの亜型は、北半球の冬季に流行する可能性があるので、南半球でのインフルエンザの流行状況には注視する必要があります。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行し始めた2020/2021年シーズン以降、世界的にインフルエンザの流行は見られていませんでしたが、現在、南半球に位置するオーストラリアでのインフルエンザ流行が報告されています。 

(オーストラリア保健省より Australian Influenza Surveillance Report – 2022 Influenza Season in Australia

  

 

 

 

 

その他の関連リンク

・WHO FLUMART
世界各地のインフルエンザ検出情報を調べることができるサイトです。
調べたい国と期間を選ぶことで、グラフまたは表でインフルエンザの検出情報が表示されます。

グラフ: http://apps.who.int/flumart/Default?ReportNo=7

表:   http://apps.who.int/flumart/Default?ReportNo=12

 

・北半球の2022-2023シーズンにおけるインフルエンザのワクチンについて(WHO)

https://www.who.int/publications/m/item/recommended-composition-of-influenza-virus-vaccines-for-use-in-the-2022-2023-northern-hemisphere-influenza-season

 

・日本での2022-2023シーズンにおけるインフルエンザのワクチン(東京都感染症情報センター)

https://idsc.tmiph.metro.tokyo.lg.jp/diseases/flu/flu/vaccine2022/

 

東京都環境放射線測定サイト東京都感染症情報センター東京都健康安全研究センターサイト
〒169-0073
東京都新宿区百人町3丁目24番1号
tel. 03-3363-3231
e-mail. tmiph<at>section.metro.tokyo.jp
※<at>を@に置き換えてメールをお送りください。問い合わせ先の詳細については、こちらをご覧ください。
本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2022 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.