都内におけるインフルエンザウイルスの遺伝子系統樹解析について

インフルエンザウイルスAH3亜型のHA領域における遺伝子系統樹(2023年1月10日現在)

2 0 2 2 / 2 0 2 3 年シーズンに都内で検出されたインフルエンザウイルスは、現在、AH3亜型が主流です。検出されたAH3亜型は新型コロナウイルスの流行以前( 2 0 1 8 年から2 0 2 0 年初め)の検出株とは異なるクレードを形成しましたが、2 0 2 2 / 2 0 2 3 年シーズンのワクチン株と近縁でした。

 

 

 

インフルエンザウイルスAH1pdm09のHA領域における遺伝子系統樹(2023年1月10日現在)

2 0 2 2 / 2 0 2 3 年シーズンに検出されたAH1pdm09(2株)は、新型コロナウイルスの流行以前( 2 0 1 8 年から2 0 2 0 年初め)の都内検出株と異なるクレードを形成しましたが、2 0 2 2 / 2 0 2 3 年シーズンのワクチン株と近縁でした。

 

リンク

・都内のインフルエンザの流行状況について

東京都環境放射線測定サイト東京都感染症情報センター東京都健康安全研究センターサイト
〒169-0073
東京都新宿区百人町3丁目24番1号
tel. 03-3363-3231
e-mail. tmiph<at>section.metro.tokyo.jp
※<at>を@に置き換えてメールをお送りください。問い合わせ先の詳細については、こちらをご覧ください。
本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2023 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.