東京2020大会会場周辺サーベイランス

 

 東京2020大会が開催される令和3年度は、既存の蚊サーベイランスに加え、東京2020大会開催期間中における感染症媒介蚊の発生に備えるため、「東京2020大会会場周辺サーベイランス」を実施しています。【終了しました。】

 

東京2020大会会場周辺サーベイランスの概要

1.調査回数及び日程

 全6回(令和3年7月から令和3年8月まで)

 

2.調査施設(計7施設)※各施設、2箇所の調査地点を設定。

 ①水の広場公園(有明側) 

 ②水の広場公園(青海側)

 ③東八潮緑道公園

 ④青海中央ふ頭公園

 ⑤青海南ふ頭公園

 ⑥夢の島緑道公園

 ⑦黎明橋公園

 

3.調査方法及び検査項目

調査方法

 調査地点に蚊の捕集装置(写真)を設置し、飛来する蚊を捕集します。

蚊の捕獲装置

検査項目

① 蚊の種類の同定

 捕獲した蚊を7種類(アカイエカ群、ヒトスジシマカ群、ネッタイシマカ、その他のシマカ亜属、コガタアカイエカ、ハマダラカ及びその他の蚊)に分類し、その個体数を計数。

② 病原体遺伝子検査

 蚊の種類に応じて、ウエストナイルウイルス、デングウイルス、チクングニアウイルス、ジカウイルス及びマラリア原虫の遺伝子検査を実施。

検査機関

 東京都健康安全研究センター

 

東京2020大会会場周辺サーベイランスの調査結果

 調査期間中の感染症病原体遺伝子検査は全て、 陰性 でした。

 サーベイランス結果【確定版】(PDF:267KB)(令和3年9月7日更新)

 

 

関連情報

 広域サーベイランスの概要

 重点サーベイランスの概要

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2022 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.