東京都内の手足口病におけるウイルス検出状況(2022年)

 手足口病は、幼児を中心に流行する発疹や発熱を伴うウイルス性感染症です。

 通常は夏に流行する疾患ですが、新型コロナウイルス感染症の流行が始まった2020年以降は報告数が大幅に減少していました。しかし、今年は小児科定点医療機関から報告された第30週(7月25日から31日)に患者報告数が都の警報基準を超えており、これからの流行状況に注意が必要です。

  2021年及び2022年の手足口病定点医療機関当たり患者報告数(2022年9月20日現在)
        東京都感染症情報センター 手足口病の流行状況より

 

 ウイルス研究科では、感染症法に基づく調査として感染症発生動向調査を実施しています。小児科定点医療機関(病原体定点)から搬入された手足口病の患者検体から遺伝子検査を実施し、原因ウイルスの解析を行なっています。

 手足口病は、主にエンテロウイルス属のコクサッキーウイルスA6型(以下CA6)やコクサッキーウイルスA16型(以下CA16)、エンテロウイルス71型(以下EV71)が原因で、流行する型は年によって異なります。

 ※特にEV71による手足口病の流行時は、中枢神経系合併症の発生頻度が高く、国内でも死亡例が報告されています1),2)

 

都内における手足口病原因ウイルス検出状況

 2022年(8月31日現在)手足口病と診断され、当センターに搬入された臨床検体は24件であり、その内CA6が15件、CA16が3件検出されています(EV71の検出数:0件)。

 

 検出されたウイルスの遺伝子解析(系統樹解析)を実施しています。現在検出されているCA6及びCA16は、過去に検出された株や隣県で検出された株と近縁の株です。

 

 

〈リンク集〉 

都民向け情報リーフレット(手足口病に注意)

 

国立感染症研究所 手足口病とは

https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/441-hfmd.html

 

東京都感染症情報センター 手足口病

https://idsc.tmiph.metro.tokyo.lg.jp/diseases/handfootmouth/
 

東京都微生物検査情報 2018年第39巻第6号

手足口病患者から検出されたエンテロウイルスについて(2014~2017年度)

 

〈参考文献〉

(1)エンテロウイルス71型感染が原因で急死したと考えられた3症例―大阪市

  IASR Vol.19 No.3 March 1998

(2)エンテロウイルス71型による脳炎死亡例を含む手足口病の流行-兵庫県

  IASR Vol.22 No.6 June 2001
東京都環境放射線測定サイト東京都感染症情報センター東京都健康安全研究センターサイト
〒169-0073
東京都新宿区百人町3丁目24番1号
tel. 03-3363-3231
e-mail. tmiph<at>section.metro.tokyo.jp
※<at>を@に置き換えてメールをお送りください。問い合わせ先の詳細については、こちらをご覧ください。
本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2022 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.