シナモンを含む食品中のクマリン含有量調査

ご存知ですか? ~シナモンに含まれるクマリン~

 シナモンは古くから香辛料として菓子や料理等に使用されており、香気成分「クマリン」を含有しています。近年ではダイエタリーサプリメントとしてシナモンサプリメントが流通されています。

 

シナモンを含む食品中のクマリン含有量を調査しました

 ドイツの公的機関(BfR)がクマリンの過剰摂取に関して以下のように注意喚起しました。

・クマリンは過剰摂取により肝障害を誘発する恐れがあります

・BfRの設定値によると、体重50kgの人の耐容一日摂取量(=一生食べ続けても発症しない量)は5.0mgでした

 

 そこで、当所ではシナモンを含む食品のクマリン含有調査を実施しました。その結果、

食品単体

 ……摂取量から考えて安心な結果でした。

 

シナモンを多量に摂取する食事モデル 

食事モデル

 ……通常の食生活では問題のない量でした。

0.4g   0.05g   0.2g   5枚 

⇒ クマリン摂取量合計:2.45mg 

サプリメントを含めた食事モデル

  ……上の食事モデルにサプリメントを追加すると、一日の許容できる摂取量を

    超えてしまいました。

  クマリン摂取量合計2.45mg + シナモンサプリメント2カプセル(摂取目安量)2.73mg

   ⇒ 5.18mg  >耐容一日摂取量5.0mg

 

シナモンを含む食品等の摂取について

 ・シナモンを含むスパイス、菓子、サプリメント等、日本人の平均的な摂取量から考えて、安全性については問題ない

 ・シナモンサプリメントを摂取する際は、表示された摂取目安量を守ることが大切

 ・シナモンを含む食品とシナモンサプリメントを併せて摂取すると、耐容一日摂取量を超える可能性がある

 

 したがって、バランスの良い食生活を送っていれば健康被害を起こすことはない

との結果となりました。

 

 

本ホームページへのご意見・ご感想はこちらへ

〒169-0073 東京都新宿区百人町3-24-1 本館2階

東京都健康安全研究センター 広域監視部 食品監視第一課

電話:03-5937-1081(直通) e-mail:www.tmiph.metro.tokyo.lg.jp

東京都環境放射線測定サイト東京都感染症情報センター東京都健康安全研究センターサイト
〒169-0073
東京都新宿区百人町3丁目24番1号
tel. 03-3363-3231
e-mail. tmiph<at>section.metro.tokyo.jp
※<at>を@に置き換えてメールをお送りください。問い合わせ先の詳細については、こちらをご覧ください。
本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します
© 2021 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.